住宅ローンの銀行を比較する

ハウスメーカー比較ガイド
ハウスメーカーの選び方マイホームに関する基礎知識住宅ローンの賢い借り方>住宅ローンの銀行を比較する

住宅ローンの銀行を比較する

住宅ローンを安く借りるには銀行比較が欠かせません。ここでは、ローン比較において銀行をどのような観点から比較するのがベストなのかについて詳しくまとめていきます。ポイントは「金利」「手数料」「返済のしやすさ」の3つです。

住宅ローンを比較する4つのポイントとは

 

金利

ローン金利は住宅ローンを「借りるための価格」と考えてください。
金利が高いほど「高額」という意味合いですね。

安くローンを組むためには住宅ローン金利が安いほど有利となります。ローン金利の種類には固定金利や変動金利などがありますがそれについては、「住宅ローン金利の種類」をご参照いただければと思います。

多くの比較サイトなどでも、比較のベースは金利となっていることが多いようです(下記参考)。

>>住宅ローン変動金利ランキング
>>住宅ローン10年固定金利ランキング
>>住宅ローン35年固定金利ランキング

ただし、金利だけに注目するとお得なローンを見逃してしまうかもしれません。その他の項目である「手数料」「返済のしやすさ」もしっかりと比較しましょう。

 

手数料

住宅ローンを借りる時の手数料には大きく「保証料」と「事務手数料」の二つが銀行によって異なります。

・保証料
住宅ローン契約者が万が一途中で返済できなくなった時の銀行にとっての保険料のようなものです。ちなみに、契約者には債務はしっかり残ります。あくまでも銀行が損をしないためのものです。
最近は無料(保障会社を使用しない)という銀行も多くあります。
ローン金利に換算すると年利0.2%ほどのコストになります。
>>住宅ローンと保証料の詳細

・事務手数料
住宅ローンの手続きでかかる手数料です。この手数料も銀行によって幅があり、たとえば2000万円のローンを組む場合で4万円程度~60万円ほどと非常に大きな差があります。
返済期間やローン総額によってかなり差が出てきます。一般に高額のローンを組む場合や返済期間が短いローンほど事務手数料が高い銀行で借りると損をします。
>>住宅ローンと事務手数料の詳細

 

返済しやすさ

住宅ローンは借りるときだけでなく、「返済するとき」のこともしっかり考えておく必要があります。
その返済しやすさの代表が「繰上返済」ですね。

最近では、多くの銀行が繰上返済時にかかる手数料が無料となっています。
ただし、以前有料の銀行もあるので繰上返済手数料がかかるかどうかについては事前にしっかりチェックしておく必要があります。

 

マイホームとハウスメーカー

マイホームを建てる際の基本的なポイントやハウスメーカーを選んだり、交渉したりする際のポイントを分かりやすく解説します。
>>マイホームとハウスメーカー

住宅を建てる際の依頼先
工務店
建築設計事務所
ハウスメーカー

ハウスメーカーを選ぶポイント
住宅展示場に足を運ぼう
 |-行く前に決めておきたいこと
代表的な住宅工法
 |-木造軸組工法(在来工法)
 |-ツーバイフォー工法
 |-プレハブ工法
 |-木造金物工法

話題の住宅キーワード
オール電化住宅
太陽光発電システム
エネファーム
住宅用火災報知器
バリアフリー住宅

マイホームの基礎知識
住宅ローン
 |-住宅ローンと審査
 |-住宅ローン金利の種類
 |-銀行比較のポイント


ハウスメーカー比較ランキング

各ハウスメーカーを徹底的に比較・ランキングします。また、ユーザーから寄せられた各ハウスメーカーごとの評判や評価なども掲載します。
>>ハウスメーカー比較ランキング

一条工務店
エスバイエル
住友不動産
住友林業
セキスイハイム
積水ハウス
大和ハウス
タマホーム
トヨタホーム
パナホーム
ミサワホーム
三井ホーム
三菱地所ホーム


当サイトについて

当サイトは、マイホーム(注文住宅)の建築においての注意点や上手に建てるためのポイント、ハウスメーカーの比較などを行っています。
ぜひ、参考にしてみてください。
>>リンクについて
 |-住宅・不動産リンク集
 |-金融と投資リンク集
 |-美容・健康リンク集
 |-インターネットリンク集


ハウスメーカーの選び方 マイホームとハウスメーカー ハウスメーカー比較ランキング リンク集 プライバシーポリシー

copyrights ©2009-2016 All rights reserved.