建築設計事務所 / マイホームとハウスメーカー

ハウスメーカー比較ガイド
ハウスメーカーの選び方マイホームとハウスメーカー住宅を建てる際の依頼先>建築設計事務所

建築設計事務所

建築設計事務所は、基本的にデザイナー兼建築のプロである建築士に住宅の設計をしてもらい、かつ工事についても工事業者の監理監督を行ってもらうという方法です。住宅について特別なこだわりや実現したいことがある場合など、また斬新なデザインを希望される方などが依頼するケースが多いタイプです。

ただし、デザイン力などは、個々の建築士の力量によることも多いです。最近ではホームページなどで作品を公開したりしている建築設計事務所も多いので、コンセプトや事例などを見て自分にあった建築士を探すのも大切です。

建築設計事務所にお願いするときのコスト(設計料・建築費)

建築設計事務所の場合、コストはどうしても高くなります。理由は、設計について基本的にゼロから建築士と打ち合わせ、デザインをしていくことになるので、そのコストがかかること(工務店やハウスメーカーよりいじれる範囲が大きい)。また、工事開始後も工事の「監理」業務を行うことなどから、人的なコストが高くつきます。

また、デザイン上の都合もありますが、高い建材を利用したり、あまり利用されない建築材などを使うことが多いため(加工に手間がかかるものも多い)、工事費自体も高くなります。

工務店、ハウスメーカー、建築設計事務所と比較した場合、同じグレードの住宅を建てた場合のコストは最も高くつくと思います。

 

建築設計事務所にお願いするときの設計

建築設計事務所の場合、設計は基本ゼロから、建築士と一緒に作り上げることになります。自分の思い通りの住宅を、専門家と相談しながら、実現していく。マイホーム作りの醍醐味ともいえそうです。
紋切り型の設計をする工務店や、パーツの組み合わせであるハウスメーカーではデザインに納得がいかない。自分の家は自分が思ったようにデザインしたい!こだわりがある!という方は、建築設計事務所さんが最も適しているのではないでしょうか?

 

建築設計事務所の建築品質(施工品質)

建築物に関する品質については、建築設計事務所の建築士がしっかりと監理します。建築士と工事業者は無関係であるため、建築士による監理の目が働き、手抜き工事による欠陥住宅のリスクは大きく下がるといえるでしょう。

 

建築設計事務所のアフターメンテナンス

アフターメンテナンスについては、建築設計事務所の方針により変わりますが、多くのところはアフターメンテナンスとして1ヵ月点検などを行ってくれます。

 

マイホームとハウスメーカー

マイホームを建てる際の基本的なポイントやハウスメーカーを選んだり、交渉したりする際のポイントを分かりやすく解説します。
>>マイホームとハウスメーカー

住宅を建てる際の依頼先
工務店
建築設計事務所
ハウスメーカー

ハウスメーカーを選ぶポイント
住宅展示場に足を運ぼう
 |-行く前に決めておきたいこと
代表的な住宅工法
 |-木造軸組工法(在来工法)
 |-ツーバイフォー工法
 |-プレハブ工法
 |-木造金物工法

話題の住宅キーワード
オール電化住宅
太陽光発電システム
エネファーム
住宅用火災報知器
バリアフリー住宅

マイホームの基礎知識
住宅ローン
 |-住宅ローンと審査
 |-住宅ローン金利の種類
 |-銀行比較のポイント


ハウスメーカー比較ランキング

各ハウスメーカーを徹底的に比較・ランキングします。また、ユーザーから寄せられた各ハウスメーカーごとの評判や評価なども掲載します。
>>ハウスメーカー比較ランキング

一条工務店
エスバイエル
住友不動産
住友林業
セキスイハイム
積水ハウス
大和ハウス
タマホーム
トヨタホーム
パナホーム
ミサワホーム
三井ホーム
三菱地所ホーム


当サイトについて

当サイトは、マイホーム(注文住宅)の建築においての注意点や上手に建てるためのポイント、ハウスメーカーの比較などを行っています。
ぜひ、参考にしてみてください。
>>リンクについて
 |-住宅・不動産リンク集
 |-金融と投資リンク集
 |-美容・健康リンク集
 |-インターネットリンク集


ハウスメーカーの選び方 マイホームとハウスメーカー ハウスメーカー比較ランキング リンク集 プライバシーポリシー

copyrights ©2009-2016 All rights reserved.